覚えておこう!脱毛は肌コンディションに注意

脱毛施術で起こる肌に負担

業務用脱毛機には色々なタイプのものがありますが、レーザーを肌に放射するものはメラニン色素に作用して脱毛効果を得ていきます。メラニン色素はムダ毛に多く含まれている成分で、肌にあてるだけで毛穴の奥の毛根にダメージを与えることが可能です。けれど日焼けをすると肌の中にも多くのメラニン色素が生成され、ムダ毛と一緒に肌にダメージを与える可能性があるので注意しましょう。さらにレーザ脱毛マシンやフラッシュ脱毛器の多くが、施術を行うことで肌内部に熱がこもりやすいという性質があります。この状態が長引くと痛みや腫れが続くと同時に、肌の水分も蒸発しやすくなってしまいます。その結果、脱毛施術後は肌が乾燥しやすくなるので、敏感肌や乾燥肌の人は注意して施術を受けるようにしましょう。

スキンケアで脱毛をスムーズに

美容クリニックやエステサロンで脱毛をしようと思ったら、毎日のスキンケアに美白ケアを取り入れるようにしましょう。日焼けをしないように日焼け止めクリームを使用することで、肌にメラニン色素が生成されるのを防げます。さらにアルブチンやトラネキサム酸、ビタミンC誘導体などの美白成分を取り入れることで、脱毛時の痛みを和らげる効果もあります。毎日のスキンケアでは保湿効果に重点を置くことも大切です。肌が潤った状態で脱毛すれば乾燥を防ぐことができます。さらに水分が十分な肌は外からの刺激を防ぐバリア機能が正常に働くので、脱毛による肌ダメージを弱めることが期待できます。

医療脱毛は脱毛力が高いので少ない回数で脱毛が完了します。施術者は医師免許や看護師免許の国家資格者でなければいけないので安心感もあります。